サイトロゴ

不動産営業の髪型の理想とは?成果を出すためのポイントや注意点を解説

2024年03月14日

不動産営業における理想の髪型は?印象アップさせて成果を出すためのポイントを知りたい。

今回は、そのような方に向けて不動産営業で理想とされる髪型のポイントや逆に注意するべき点について解説します。髪型は営業マンとしての第一印象を上げるために、とても重要なポイントであるため、髪型で迷っている方はぜひ参考にしてください。

こんな⼈におすすめの記事
・不動産営業で理想となる髪型を知りたい
・成果を上げるために印象アップが狙える髪型を知りたい
・髪型で注意するべきポイントを知りたい

▶︎LIFULLの不動産転職支援サービスの無料登録はこちら

なぜ髪型が重要なのか?第一印象が重要な理由

まず、不動産営業において、なぜ髪型が重要であるのかについて解説します。

髪型は、第一印象として目に入りやすい部分です。

そして、以下のような理由から成果を出すための重要なポイントとして第一印象は重要と言われています。

はじめの第一印象が頭に残りやすい(ソロモンアッシュ提唱の「初頭効果」)

まず、人間は、初対面の第一印象が、その後も継続して頭に残りやすいと言われています。ポーランド出身の心理学者ソロモン・アッシュが定義した効果です。

第一印象がよければ、その後、何か失敗を起こしたとしても許される可能性が高く、逆に、第一印象が悪いと、その後の挽回が難しくなってしまう心理学上の考え方です。

第一印象で悪いイメージがついてしまうと、よい方向に挽回するまで2時間かかると言われており、営業現場に置き換えて考えるとかなり難易度が高いことが分かります。

見た目で印象の半分以上が決まる(メラビアンの法則)

人間の印象は、見た目で55%が決まり、声や口調で38%、話の内容については印象の7%しかないと言われています。これをメラビアンの法則といいます。

見た目の印象がよいと実力以上に評価されやすく、逆に見た目の印象が悪いと、実力を出しても評価がされにくいという心理学的に立証されている理論です。

「第一印象は見た目が大事!」という考え方は、営業マンとして成果を出す上で、必要不可欠なポイントと言えます。

不動産営業で理想的な髪型のポイント3選

ここでは、不動産営業として理想的な髪型のポイントを解説します。

基本的な原則は、お客さまからどう見えるか?という点です。良い印象を与えることを考えると、個性を出すよりも無難である方が営業としては好ましいです。

男性と女性に共通して言える必ず守るべきポイントであるため、ぜひ参考にしてください。

清潔感がある長さ

髪の長さは、清潔感が出るよう、適度な長さにすることが大切です。

男性はもちろんですが、女性でも過度に長い髪型は、お客さまからの印象が下がる要因になります。

特に、長い間手入れがされていないことが分かるような長さは、相手に不潔な印象を与えるので注意が必要です。

美容院や床屋には、定期的に通い、清潔感がある長さに整えておくようにしましょう。

個性的過ぎない

明るい髪色や過度に巻いたパーマなど、個性的過ぎる髪型も控えましょう。

さまざまなお客さまを相手にする不動産営業は、あくまで万人受けするスタイルが理想であるため、個性的な髪型は、相手によって印象ダウンの要因になります。

整えられたスタイル

仕事の際は、整髪剤を使うことや女性であれば後ろ髪を縛るなど、整えられた髪型であることも大切なポイントです。

寝起きのまま寝ぐせが付いた状態で接客するのはNGです。

仮に、どうしても整髪剤を付けたくない、髪を縛りたくないという人は、そうしなくても清潔感があり、整えられた印象を与えられる髪型にしましょう。

【男性版】不動産営業で成果を出すための髪型

ここでは、男性版の不動産営業で成果を出すための髪型について解説します。

以下のポイントを守っていれば、基本的にどんな人でも清潔感があり、第一印象をアップさせられる可能性が高いため、男性の方で髪型に困っている人は、ぜひ参考にしてください。

前髪は上げておでこは見せる

まず、清潔感を出すために一番大切な髪型のポイントは、前髪を上げておでこを見せることです。

前髪をおろした方が、柔らかで穏やかな印象を与えられるという人もいますが、相手によっては、どこか幼く、頼りなさそうな印象を与えてしまう場合もあります。

清潔感があり、何より万人受けを狙うのであれば、前髪を上げる鉄板スタイルが圧倒的におすすめです。

襟足と耳の周りはすっきり整える

男性の場合、襟足と耳回りが長い髪型は、全体的に手入れをしておらず、不潔な印象を与えてしまう可能性が高いです。

清潔感があり、綺麗に整った印象を出すためにも、襟足と耳の周りは、伸ばしすぎず、すっきり整えておくことを意識しましょう。

毎日のヘアセットは必須

不動産営業は、基本的にスーツを着用するため、スーツに合うように毎日のヘアセットは必須となります。

未経験者の場合、前職の仕事内容によっては、毎日ヘアセットをする習慣がないという人もいるでしょう。

きちんと髪型をセットして整えることは、営業現場だけでなく、就活の面接でも必要です。

毎朝のヘアセットを面倒に思う人もいるかも知れませんが、スーツで営業をする以上、髪型のセットは毎朝の習慣にする必要があります。

【女性版】不動産営業で成果を出すための髪型

不動産営業は、女性においても成果を出すための髪型のポイントがあります。

男性と同様、スーツ着での営業となるので、以下で紹介するポイントを守って、清潔感があり、万人受けするスタイルにすることが大切です。

髪色はナチュラルで落ち着いた色に

女性の場合、男性ほど髪を染めることが完全に禁止されるわけではありませんが、染めるにしてもナチュラルで落ち着いた色にする必要があります。

茶髪であれば問題ないと思っている人も多いですが、髪質によって過度に明るくなる場合があるので注意が必要です。

理想としては黒に近い茶色が最も望ましく、誰から見ても清潔感があり、印象アップにつながります。

会社によって基準は異なりますが、髪を染める場合、茶色以外は、基本的にNGとしている場合が多いです。

後ろ髪は1つに束ねる

女性で髪が長い人は、後ろ髪を1つに束ねることで、外で風が吹いている場合などでも髪型が崩れることなくすっきりした印象になります。

髪を結ぶだけで整った髪型になるので、朝の身支度に時間がない場合にもおすすめです。

特に、髪色が明るめで長い人の場合、髪を結んでいないとどこか派手過ぎる印象になる場合もありますが、1つに束ねるだけで清潔感があり、爽やかに見せられる効果もあります。

顔回りがすっきり見える長さに

顔回りが長く隠れるような髪型は、どこか幼い印象になり、相手によっては、頼りなく感じてしまう場合もあるため、顔回りがすっきり見える長さに整えておくことも大切です。

顔回りをすっきりさせることで、大人な印象になり、洗練された雰囲気を出せる効果もあります。

不動産営業の髪型で注意するべきポイント3選

不動産営業の髪型は、男女共通でNGのポイントがあります。

ここでは、不動産営業の髪型で、男女問わず注意するべきポイントを解説していきます。

髪色のトーンは暗めにする

女性で特に気を付けたいポイントとして、髪色のトーンは暗めの方が良いでしょう。

美容室で少し明るめにしたいと要望しても、髪色によっては、思ったより明るくなってしまったというケースもあるので注意しましょう。

高額商品を扱うこともある不動産営業において、明るく派手な髪型は、お客さまから見た印象も良し悪しです。

男性でも地毛が茶色で、客観的に見て染めているように見える場合は、黒染めするなど、対策をすることが大切です。

長髪は清潔感のある髪型に

男女とも清潔感のない過度に長い髪型にも。

現在は、男性でも長髪が増えてきましたが、不動産営業という職業柄、過度に長い髪型は印象ダウンの可能性があります。定期的に適度な長さに整えておくことが大切です。

ボサボサ頭ではなくセットする

セットなしのボサボサ頭も、男女ともに清潔感に欠けてしまいます。

前職から毎朝髪型をセットする習慣がない人は、特に、注意するべきポイントになります。

男性は、整髪剤で毎朝髪型を整え、女性は、綺麗にセットするか、難しい場合は、後ろで結ぶなど、ボサボサな髪型で第一印象を下げないよう気を付けましょう。

髪型以外に第一印象を良くする方法

ここまで、髪型にフォーカスして解説しましたが、最後に、不動産営業において髪型以外で第一印象をアップさせる方法を紹介します。

髪型以外にも第一印象をよくする方法はたくさんあるので、以下の内容をぜひ参考にしてください。

スーツの着こなしをよくする

不動産営業で第一印象をよくする上で、髪型と同じくらい大切なのが、スーツの着こなしをよくすることです。

高額商品が多く、専門性の高い不動産営業は、スーツを綺麗に着こなすと、洗練された印象になり、お客さまからの信用度がアップします。

高いスーツを着ることが大切ではなく、シルエットが合っておりきちんとプレスしたスーツを選びましょう。

手入れがされていないよれよれのスーツを着ている営業マンは、仕事ができない印象を与えてしまい、お客さまから信頼されなくなるので、男性も女性もスーツの着こなしには、注意が必要です。

ひげを綺麗に剃る

ひげを毎日綺麗に剃ることも心がけたいポイントです。

不動産営業は、基本的にひげがないほうが好印象を与えることができます。

男性でひげが濃くて悩んでいる人は、脱毛するなどして、毎日の手入れを楽にする方法を考えることも大切です。

眉毛を整える

女性はあまり心配いらない部分ですが、男性でも眉毛を適度に整えておくことで、清潔感がアップします。

眉毛の手入れをあまりしない男性であれば、美容室などで一度整えてもらうことで、その後は、形に合わせて、自分で手入れできるのでおすすめです。

整えられていないボサボサ眉毛も髪型同様、清潔感がない印象を与えてしまうので、適度に整えておくようにしましょう。

歯磨きや口臭のケアをする

たばこを吸う人を中心に、歯磨きや口臭のヘアにも注意が必要です。

お客さまと会話する中で、「歯が汚い」、「口臭が気になる」は、会話をしたくない印象を与えてしまうので、営業どころではなくなります。

ヘビースモーカーで歯が汚いと悩んでいる人は、ホワイトニングなどで対策し、口臭については、商談前に歯磨きをするなど、必ずケアをすることが大切です。

爪を短くする

男性は特にですが、爪が長いと不潔な印象を与えるため、定期的に短く切りそろえておくことが大切です。

会話をする際、相手の手を気にする人は意外と多いので、爪を短くするだけでなく、商談前には手洗いを徹底して汚れを落としておくなど、必ず清潔に保っておきましょう。

女性の場合、ネイルをしている人については、派手にデコレーションしすぎないように注意が必要です。

靴を綺麗に磨く

スーツが綺麗に着こなせていても、靴が汚いとすべて台無しになります。

男性も女性も仕事で使用するビジネスシューズは、商談時だけでなく、常に、綺麗な状態を保っておきましょう。

可能であれば、毎日磨くのが理想ですが、難しい場合は、2〜3回の使用後に磨く習慣を付ければ綺麗な状態を保つことができます。

こちらもスーツ同様、高額な靴ではなく、きちんと手入れがされていることが大切です。

また、仕事用バックの中に、簡易的な靴磨きができるシートなどを入れておけば、雨で泥水が付着してしまった場合など、もしもの際に対応できるのでおすすめです。

まとめ

今回は、不動産営業で理想とされる髪型のポイントをテーマに、第一印象の大切さや髪型以外で印象をアップさせるポイントなどを解説しました。

スーツが仕事着である不動産営業において、髪型は、第一印象を大きく決める重要なポイントです。

男性と女性で印象アップのポイントや注意点は少し違いますが、基本的に、清潔感があり誠実な印象を相手に与えることができ、尚且つ、自分に合ったスタイルを見つけてほしいと思います。

LIFULLが運営する不動産業界専門の転職支援サービスでは、宅建に挑戦中の方を含め、未経験の方のサポートも積極的に行っています。

お仕事のご紹介だけでなく、書類の添削や志望動機作成のアドバイスも行っています。興味のある方は、ぜひ経験豊富なコンサルタントにご相談ください。
あなたにマッチした、不動産業界での働き方を一緒に考えていきましょう。

▶︎LIFULLの不動産転職支援サービスの無料登録はこちら

監修

不動産のOTOMO

不動産ブロガー。30歳未経験で不動産業界に転職し、営業や企画に携わり、宅建も取得。不動産業界の魅力を伝えるため「不動産のOTOMO」ブログ運営を開始し、累計40万PVに到達。JOBRIDGEの理念に共感し、不動産業界の魅力を伝えるコンテンツを配信中。 資格:宅地建物取引士、2級ファイナンシャル・プランニング技能士(国家資格)

不動産管理の仕事はきつい?リアルな内容や知っておくべきポイントを解説!
不動産管理の志望動機一例!書き方のポイント8選やNG例を解説