サイトロゴ

不動産業界で働く魅力とは?仕事内容ややりがいを解説

2023年11月22日

不動産業界は、比較的未経験からでも飛び込みやすく、頑張れば高年収も期待できる業種です。この記事では、不動産業界で働く魅力ややりがいといった点について詳しく解説します。

こんな人におすすめの記事

・不動産業界の仕事内容を知りたい
・働く魅力ややりがいが気になる
・スキルアップや年収アップにつながる知識を知りたい

▶︎LIFULLの不動産転職支援サービスの無料登録はこちら

不動産業界で働く職種

不動産会社への転職などを検討する際、知っておくべきこととして挙げられるのが、どのような職種があるのかといった点です。不動産業界にはいくつかの職種があり、それぞれの特徴も異なります。ここからは、不動産業界の中でも代表的な職種について詳しく解説します。

仲介業務

仲介業務には売買仲介と賃貸仲介があります。不動産を買いたい人と売りたい人、部屋を借りたい人と貸したい人などを結びつけるのが仲介業務です。売買仲介の場合は少しでも高く売却したい売主さまと、少しでも安く良い条件で購入したい買主さまの要望を上手く調整しながら契約を締結しなければいけません。

賃貸仲介も同様です。売買仲介における売主さまと買主さま、賃貸仲介における借主さまと貸主さまは、それぞれの希望が相反するケースが多いです。それぞれに偏らず、上手く要望を取り入れながら契約をまとめる能力が必要となるでしょう。

契約を取りまとめることで得られる報酬が仲介手数料となり、賃貸仲介と売買仲介では得られる仲介手数料の額が異なります。賃貸仲介の場合は家賃、売買仲介の場合は不動産価格が高ければ高いほど、得られる仲介手数料は高額です。

管理業務

オフィスやマンション、アパートなどの管理を請け負って収益を得る業務が管理業務です。

管理業務の主な仕事内容としては、管理する不動産の定期的なメンテナンスや点検業務、入居者からクレーム処理、所有者オーナーへの賃料送金などが挙げられます。オフィスやマンションの入居者が快適な生活を送る環境を提供する役割を担います。

マンションやアパートなどの場合、家賃の数パーセントが得られる管理料です。5%前後が一般的といえるでしょう。

適切な管理により、管理している不動産物件の維持管理や、入居者に対する快適なサービスの提供によって高い稼働率が期待できます。管理業も不動産を代表する業務のひとつです。

開発業務

デベロッパーともいわれる開発業は、都市つくりや街をつくる仕事といえます。大きな商業施設やオフィスビルの建築。大規模な宅地分譲開発などが挙げられます。

事業規模が非常に大きいので、ひとりだけではとても開発業務は担えません。基本的には複数人のチームで開発に関する業務を分担します。仕事内容も多岐にわたり、土地の取得から開発する事業の検討や分析、建設から販売などが一連の流れです。

さまざまな分野の知見が必要になる業務といえるでしょう。

販売業務

自社やグループ会社が所有している戸建て住宅や分譲マンションなどを販売する業務を指します。宣伝広告に対して反応があった顧客やモデルハウスや展示場に見学で訪れた顧客に対して対応する業務です。

マイホームを購入したいと思っている見込み客をいかに見つけていくのかが大きなポイントといえます。SNSを利用した広告宣伝や、来店客応対、不動産会社廻りなどにより見込み客を増やし、販売成約数を増やさなければいけません。

販売業務では、販売数に目標を求められることも多いのですが、目標達成によりインセンティブが得られる場合もあり、高収入が見込める業務です。

不動産業界の魅力ややりがいとは

不動産業界での転職などを検討している方にとっては、やりがいや魅力も非常に気になるところではないでしょうか。ここからは、不動産業界の魅力ややりがいについて詳しく解説します。

成果の反映度合いが高く、高年収が稼ぎやすい

不動産業界の営業職では、会社によっては固定給とインセンティブで形成されている場合があります。インセンティブとは営業成績に連動した報酬を指し、販売業務なら販売した数によってインセンティブが加算されます。

仲介の場合は仲介手数料の数10パーセントがインセンティブとなるケースが多いです。数字がそのままダイレクトに評価され、数字として反映される点は不動産業界ならではの醍醐味と言えます。

実生活に役立つことが多い

不動産は、普段の生活に非常に密着しているので、実生活に役立つことが多い点も不動産業界で働く魅力といえます。

自分たちがマイホームを購入する場合でも、住宅ローン控除のやり方や固定資産税の計算などを理解していますので、具体的なライフスタイルの計算が可能です。またマンションの管理に関するトラブルなどに関しても、管理業務に従事していると事前の予防などもできるでしょう。

賃貸でも売買でもエリア相場を理解しやすいので、お得な物件を見つけやすい点も不動産業界で働く魅力のひとつです。

長期キャリア形成が構築できる

不動産業界は長期的なキャリア形成が構築できる点もメリットとして挙げられます。前述したように不動産業界には、さまざまな職種があり、特徴も大きく異なります。

例えば仲介業務と管理業務では業務自体の性質が異なりますので、同じ不動産業で働いたとしても身に付くスキルは違ってきます。また、例えば売買営業から賃貸営業、仲介から開発、賃貸営業から管理、など横展開でキャリアを広げることもできます。

職種を変えると、新たなスキルが身に着き、前から持っていたスキルとのかけ合わせにより、新たなビジネスチャンスを産み出すことが可能です。

不動産は歴史も長く、ノウハウもたくさんあるため、一度経験したことは自分固有の経験として残り続けます。長期間にわたりスキルを学び続けられますので、どんどん知識や技術が身につくことで、長期的なキャリア形成にも繋がります。

女性でも働きやすい

不動産業でも、特に不動産営業は性別に関係なく活躍できます。不動産営業は、実力主義のため、成果を上げることで多くのチャンスを掴むことができます。

お客さまが女性の場合、女性に対応してほしい、というニーズなどもあります。マイホームの購入においても、お客さまも奥様の意見を重視されるケースが非常に多く、女性の営業担当の方が好まれるケースもあります。

女性目線の提案が活かせるという大きな強みがあるため、不動産業界では女性が活躍しやすく、働きやすい環境ともいえます。

不動産業界の年収と年収アップのコツ

不動産業界に転職する場合、年収も気になるポイントです。ここからは、不動産業界での年収や、年収アップのコツなどについて詳しく解説します。

不動産業界の平均年収

厚生労働省が運営している、職業情報提供サイト「jobtag」によると、住宅不動産営業の平均年収は、578.3万円となっています。
出典:job tag(厚生労働省職業情報提供サイト(日本版O-NET))前述したように不動産の仕事は職種が異なりますので、職種による平均年収は大きく異なります。同じように「jobtag」でマンション管理人の平均年収を見てみると331.6万円です。

特に売買仲介や賃貸仲介、販売営業の職種は比較的平均年収が高いです。

取り扱う商品が不動産となると、非常に高額な資産を扱いますので、手数料額も高額になりやすく、年収が高くなる要因となります。職種にもよりますが、比較的高年収に期待できる業界といえるでしょう。

年収アップのコツ① 単価の高い売買仲介や販売分野で働く

不動産営業における売り上げは、不動産価格によって大きく異なります。

売買の場合は、売買価格の3%+6万円(税抜)が手数料となりますので、売買価格の影響が非常に大きいといえるでしょう。

例えば5,000万円の物件を片手仲介した場合、5,000万円×3%+6万円=156万円(税抜)となります。歩合は会社によりますが、その10%であれば、15万6千円が固定給に上乗せされる形となります。しかし、業務の内容自体は、1,000万円であっても5,000万円であってももやることは大きく違わないことが特徴です。

より効率性を考えるならば、単価の高い売買物件や住宅販売などを狙って営業するといいでしょう。また、業界の構造的に利益率が高く、年収として分配されやすい、ということも言えます。

年収アップのコツ② 賃貸仲介では契約数を重視する

賃貸仲介では、基本的に家賃相当額が手数料となります。

賃貸仲介も家賃が高い物件を成約すると、家賃が安い物件よりも手数料は高くなりますが、売買仲介ほどの開きはありません。タワーマンションや事業用の物件の賃料であれば高くなるものの、エリアの特性によっても異なるため、一般的には居住用賃貸の営業に関わるケースが多いでしょう。

賃貸仲介において、年収アップするコツは契約数を上げることです。契約数を上げるためには、接客数×契約率、どちらの数字も上げていくことが大切ですが、まずは目の前のお客さまに信頼されることを目指し、コツコツ業務を行っていくことが大切です。

不動産業界に向いている人の特徴

不動産業界に転職したからといって誰もが成功するとは限りません。自分の性格が不動産業界に向いているかどうかを理解しておくといいでしょう。ここからは不動産業界に向いている人の特徴について解説します。

新しい知識や専門性を高めることが好きな人人

不動産業界での業務をうまく進めていくためには、不動産以外の知識が必要になるケースが非常に多いといえます。土地売買では、エリアの条例や災害地域などについて理解しなければいけません。また、不動産売却時や購入時のなど税金関係の知識も必要です。

住宅ローンになど金利動向などの経済面を勉強しておくと、セールスに役立ちます。

また管理業にあたっては、マンションの所有者から相続に関する不安などを耳にするケースも多いので、相続に関する勉強も必要になるでしょう。色々な分野と密接にリンクしていますので、不動産以外にも学ぶことは多岐にわたります。

自ら勉強する課題を見つけて、コツコツと学びを深められる方は不動産業に向いているといえるでしょう。

人と接するのが好きな人

不動産の仕事は、基本として人と接することが非常に多い仕事です。

お客さまはもちろんですが、不動産物件の所有者、士業の先生、メンテナンス会社、開発や売買の際には行政の関係者など、多くの人に対応しなければいけません。

自分の仕事がスムーズにいくように、上手くコミュニケーションをとっていく必要があります。

不動産に対して特別な思いがある

不動産を取り扱うということは、生活の拠点となる住まいを提供しますので、人々の暮らしに大きな影響を与えることになります。

私たちの生活にも密接に結びつき、売買や賃貸、リフォーム、相続など様々な思い入れがある人も多いでしょう。その想いを持ちながら、不動産業界で働いている方もたくさんいます。

お客さまが幸せになるための世界観を実現したい、自身が経験したことで感じた不満を業界から取り除きたい。そのような特別な思い入れは不動産業界で働くのに向いている特徴と言えるでしょう。

結果が出るまで粘り強く取り組める人

不動産営業では結果が出るまで粘り強く取り組む姿勢が大切です。

売上を上げるまで複数回の訪問や提案などが必要になりますが、必ずしも実を結ぶとは限りません。不動産を売りたい、買いたい、といった話はたくさんありますが、当然全てが実るわけではなく、結果が出るまで粘り強く取り組む必要があります。

お客さまからクレームを受けることもありますし、売上が上がらないことも誰しもあります。時には忍耐も必要ですが、結果が出るまで取り組むことができる人は、活躍している傾向があります。

不動産業界でお客さまから信頼されるための業務のポイント

次に、不動産業界でお客さまから信頼されるためのポイントを解説します。

お客さま第一の気持ちを持つ

お客さま第一の気持ちを持つことが大切です。

不動産営業マンの中には、自分の給与を上げることが一番の目的となってしまい、無理な営業に走ったり、都合の悪い部分を隠してセールスしたりするケースが見られます。その時には、営業につながったとしても、強引な営業をされたお客さまは良い感情を持たず、今後の付き合いは見込めません。

お客さまのことを一番に考えた営業ができた上に契約ができると、長い付き合いが構築でき、別のお客さまを紹介してくれるかもしれません。

また、お客さまのタイプも様々で性格も異なります。お客さまは何を求めているのか?日々現場で接しながら、自分なりの必勝パターンを築き上げていくことが、お客さまからの信頼を勝ち得ることにも繋がります。

不動産に関する調査は綿密にする

不動産を取り扱うのは非常に高額な商品であるため、細心の注意が必要です。万が一、契約内容などに不備があると、高額な違約金や損害賠償が発生する要因となってしまい、お客さまにも責任が及ぶ可能性もあります。

特に注意が必要なのが重要事項説明です。

重要事項説明では、不動産の取引や不動産自体に関する重要な事項を、売買の場合は買主さま、賃貸の場合は借主さまに説明しなければいけません。

重要事項説明を怠ってしまうと重要事項説明違反となり、行政処分の対象となることもあります。大きな成果には、責任も伴うため、事前説明をしっかりと行えるように、調査は綿密にしておくことが必要です。

人に好かれる

不動産の仕事に限りませんが、仕事をしていく中で皆と円滑に仕事を進めていくためには何より人に好かれなければいけません。人に好かれることで信頼感が深まりますし、オーナーさまや関係各所とのやり取りもスムーズに進むでしょう。

困っている人には手を差し伸べたり、ねぎらいの言葉をかけたりなど相手のことを思いやることにより人に好かれる人材になり、社内でも社外でも周りにいい影響を与えます。

まとめ

不動産の仕事は、未経験からでも比較的飛び込みやすく、高年収も期待できる業種です。

しかし、時には忍耐強く取り組む姿勢や常に勉強する姿勢が必要になります。宅地建物取引士などの国家資格も不動産業界に転職してからでも取得可能です。さまざまな可能性が高まり、やりがいも多く魅力的な業界といえるでしょう。

LIFULLが運営する不動産業界専門の転職支援サービスでは、お仕事のご紹介だけでなく、書類の添削や志望動機作成のアドバイスも行っています。興味のある方は、ぜひ経験豊富なコンサルタントにご相談ください。

あなたにマッチした、不動産業界での働き方を一緒に考えていきましょう。

▶︎LIFULLの不動産転職支援サービスの無料登録はこちら

監修

不動産のOTOMO

不動産ブロガー・宅地建物取引士。30歳未経験で不動産業界に転職し、営業や企画に携わり、宅建も取得。不動産業界の魅力を伝えるため「不動産のOTOMO」ブログ運営を開始し、累計35万PVに到達。JOBRIDGEの理念に共感し、不動産業界の魅力を伝えるコンテンツを配信中。

日本の不動産業界の将来性は?業界の動向を読み解く
第二新卒で不動産業界の転職は可能?新卒との違いも解説