サイトロゴ

不動産業界の面接に落ちた?不合格が続く人の特徴や合格するためのポイントを解説

2024年02月22日

不動産業界への転職活動で、希望する会社の面接に合格できるか不安。面接の不合格が続いて困っている。

今回は、そんな方に向けて不動産業界の面接で、合格するためのポイントを解説します。

面接で不合格になるのには、何かしらの理由があります。希望する会社に転職できるよう、以下の内容を参考にしてみてください。

こんな⼈におすすめの記事

・不動産業界の面接で不合格が続いている
・面接で合格するポイントを知りたい
・第一希望の不動産会社に合格したい

▶︎LIFULLの不動産転職支援サービスの無料登録はこちら

面接時に大切な基本スタンスとは

不動産業界に限らず、転職で希望する会社に合格するためには、面接の基本スタンスを理解しておくことが大切なポイントです。基本的な心構えを知っておくことで、効率的に正しい面接対策をすることができます。

一口に不動産業界と言っても、売買仲介、賃貸仲介、不動産開発、不動産管理など、会社ごとに事業内容は異なり、それぞれ仕事内容にも違いがあるため、異なる事業内容を理解し、受ける会社に合わせた企業研究をすることが大切です。

人間関係と同じく、相手から好かれ評価されるためには、まず相手のことをよく知ることが大切です。面接においては、「相手を知る=業界・企業研究」であることを理解しておきましょう。

会社が面接をする理由とは?

そもそもなぜ会社は、面接を行うのでしょうか。会社の立場に立って、面接の意味を理解しておきましょう。

以下では、会社が面接を行う理由について解説するので、面接対策をする際のヒントにしてみてください。

履歴書や職務経歴書と相違がないか確認するため

面接は、履歴書や職務経歴書をもとに進められるため、提出された書類が実際と相違がないかは、会社にとって大切なチェックポイントになります。

全てを確認されるわけではありませんが、面接時の話と書類の内容に相違があると判断された場合、採用において大きくマイナスになる可能性が高いです。

書類に嘘を書かないことはもちろん、経歴や実績を誇張して書くことも印象ダウンの原因になります。履歴書や職務経歴書の内容は、事実を正確に記載し、不明確な場合でも面接で素直に話せる内容にすることが大切です。

実力や能力を見極めるため

面接では、実際に対面して話をすることで、実力や能力を見極めるための意味合いもあります。

特に、営業職の場合、面接時の受け答えや自己PRによって、成果を出せる人材か判断されるケースが多いです。

過去の実績や持っている資格は、履歴書や職務経歴書を見れば分かりますが、コミュニケーションスキルなどは、面接でないと判断できません。

前職での実績は申し分ないとしても、自社で力を発揮できるかは別問題であるため、採用する会社側は、面接時に実力や能力を見極めた上で合否を決定します。

人柄を見るため

採用する会社は、社員にできるだけ長く働いてもらいたい想いから、転職者の人柄を見た上で、社風に合うかを判断しています。

実力や能力に秀でているとしても社風に合わず、社内の人間関係を良好にできない人材は、長く働き続けることは難しくなります。

組織である以上、他の社員とうまく付き合っていけるかは、働く上で大切なポイントであるため、面接では、人柄についてもチェックされています。

コミュニケーション能力を確認するため

愛想がよくても、面接官からの質問に対して適切な回答ができない場合や会話が成り立たないなど、コミュニケーション能力に問題がある場合は、採用が難しくなります。

第一印象はもちろん、しっかりとした受け答えができているかもチェックのポイントです。

自社への興味や入社への本気度を判断するため

面接では、実力や能力、人柄だけでなく転職者が自社に対してどれくらい興味を持っているか、入社の本気度も会話の中から判断されます。

企業理念や事業内容、ビジョンなど、自社のことを把握できていない場合や、採用しても入社する本気度が伝わらない場合、合格も難しくなります。入社後に活躍してほしい気持ちが強いからこそ、面接では、自社に興味を持っているのか、入社を本気で志望しているのかを判断されます。

身だしなみチェック

面接は、社会人として基本的な身だしなみを確認する目的もあります。

人間の第一印象は、9割が見た目で決まると言われます。服装や髪型など、見た目に関する部分は、面接前に鏡を使ってチェックし、面接官に清潔感のある印象を与えることが大切です。

また、服装や髪型以外にも会話をする際の表情や言葉遣いもチェックされるので、自分がどのような印象を与えているのか、常に考えながら面接に臨む必要があります。

不動産業界の面接で不合格が続く人の特徴5選

次に、不動産業界の面接で不合格が続く人の特徴を5つ紹介します。

会社との相性は当然ありますが、何度も面接で落ち続ける人には、何かしら原因があります。

以下の内容を参考に、当てはまっている点があれば、改善するようにしましょう。

企業研究ができていない

企業研究ができておらず、会社のことを全く分からない場合、面接官からやる気がなく、志望度が低いと判断されてしまいます。

事業内容や会社規模など、HPの会社情報に記載されている基本的な企業理解だけでなく、理念・ビジョンへの理解、共感をアピールすることが大切です。

HPはもちろん、SNSについてもチェックし、企業研究していることが伝わる話し方をすることが、印象をアップする秘訣です。

自己主張が強すぎる

自分の想いを語りすぎることや、面接官の話を遮って自分の話を始めてしまうなど、自己主張が強い人は、協調性がないと判断され不採用の原因になります。

意見を求められた時に、自分の気持ちを伝えることは大切ですが、自分の意見だけを主張することは、面接官からの印象が悪いです。

また、面接官の話が終わっていないのに、自分の話をしてしまうなど、相手の話を遮ることは、コミュニケーション能力が低いと判断されます。多様な人が働く組織の中では、自己主張が強いとトラブルの原因にもなるので、自己主張が強すぎると感じている人は、注意が必要です。

自慢話が多い

自慢話が多いことも面接で不採用になりやすい人の特徴です。

面接官も人間であるため、他人の自慢話を聞かされ続けると、あまり良い気分ではなく、会話をするのが苦痛になります。前職での実績があったとしても過度に自慢することは、印象ダウンにつながります。

面接官から実績を褒められた場合でも謙虚な態度を見せるなど、話の内容が自慢話に聞こえないようにすることも採用確率を上げるポイントです。

前職の文句が多い

面接で不合格になる人の特徴として意外に多いのが、前職の文句が多いことです。

あからさまに文句を言っている場合もありますが、本人は気づいていない状態で、面接官から文句が多いと判断されている場合もあります。前職を辞めた理由を伝えた際に、文句と捉えられる場合が多いため、面接対策で文句と思われないような回答を準備しておくことが大切です。

話が長くまとまりがない

話が長く、内容にまとまりがない人も不採用になりやすいです。

長いだけで結局何が言いたいのか分からない話は、誰が聞いても苦痛であり、会話をしたくない印象を与えてしまいます。ビジネス会話の基本ですが、面接で聞かれたことに対する回答は、短く論理的に話すことを意識しましょう。

話が長いと面接官に話す気がなくなってしまうので注意が必要です。

不動産業界の面接で合格するためのポイント5選

最後に、不動産業界の面接で合格するためのポイントを5つ紹介します。

面接に合格するコツとも言える内容なので、面接に自信がない人や不合格が続いてしまっている人は、以下のポイントを意識して面接に臨みましょう。

面接対策は必須!基本的な回答内容は事前に決めておく

面接で合格するために面接対策は必須です。

志望理由や自己PR、前職の退職理由など、面接でよく聞かれる基本事項に対する回答は、事前に考えて決めておきましょう。

面接対策をしなくても合格できるという人もいますが、それは、面接が得意で対策しなくてもポイントを押さえた会話が自然にできる人に限られます。

面接時は、緊張もあって得意な人であっても本来の力を発揮できない場合もあるので、転職エージェントなどを利用し、プロの面接対策を受けるのがおすすめです。

実力よりやる気や覚悟をアピールする

不動産業界の面接は、履歴書や職務経歴書の内容より、仕事へのやる気や覚悟を見られる場合が多いです。

自分が有能かどうかよりも入社への熱い想いや気持ちの強さをアピールする方が、採用となる確率が上がります。前職での実績がある人ほど、実力をアピールしがちですが、逆効果になる可能性もあり、あまりおすすめできません。

宅建をはじめ仕事に役立つ資格の勉強や情報収集に努めるなど、自分から積極的に学んでいく姿勢を見せることも印象アップに効果的です。

話は端的に分かりやすく

面接官から聞かれたことに対する回答は、端的に分かりやすく話すことが大切です。

面接時間が限られている場合も多いため、短く返答する方が、質問できる数も増え、面接官の印象が良くなります。先述したように、長いだけで内容にまとまりがない話は、面接官にとっても不安になる要素であり、不採用になる可能性が高いため注意しましょう。

聞かれたこと以外の内容は話さない

あれこれ話をしたくなる気持ちは分かりますが、面接では聞かれたこと以外の話をしないことが大切です。

聞かれた内容によりますが、話が脱線してしまい、面接官から「そんなの聞いていない」と思われてしまうと印象が悪くなります。話が冗長的な印象を与えるリスクもあるので、聞かれた内容に対する回答以外、自分から話をするのはやめておきましょう。

身だしなみを整える

清潔感ある印象を与えるために、身だしなみをしっかり整えた上で面接に臨みましょう。

社会人として基本的な身だしなみを整えることは、面接においても大切なポイントです。自宅を出る前だけでなく、面接直前にトイレの鏡で確認するなど、会った瞬間に印象アップできるような身だしなみにしておくことで、採用の確率は大きく上がります。

まとめ

今回は、不動産業界の面接で不合格が続く人の特徴や採用となるためのポイントを解説しました。

不動産業界は求人数が多く、未経験でも転職を目指しやすいですが、面接のポイントを間違えるとなかなか合格ができません。

解説した不合格が続く人の特徴や合格するためのポイントを参考に、正しい面接対策をした上で面接を受けましょう。

LIFULLが運営する不動産業界専門の転職支援サービスでは、宅建に挑戦中の方を含め、未経験の方のサポートも積極的に行っています。

お仕事のご紹介だけでなく、書類の添削や志望動機作成のアドバイスも行っています。興味のある方は、ぜひ経験豊富なコンサルタントにご相談ください。

あなたにマッチした、不動産業界での働き方を一緒に考えていきましょう。

▶︎LIFULLの不動産転職支援サービスの無料登録はこちら

監修

不動産のOTOMO

不動産ブロガー。30歳未経験で不動産業界に転職し、営業や企画に携わり、宅建も取得。不動産業界の魅力を伝えるため「不動産のOTOMO」ブログ運営を開始し、累計40万PVに到達。JOBRIDGEの理念に共感し、不動産業界の魅力を伝えるコンテンツを配信中。 資格:宅地建物取引士、2級ファイナンシャル・プランニング技能士(国家資格)

不動産業界の面接で逆質問すべき15選!直前でチェックしておきたいポイント
不動産管理の仕事内容は?やりがいや魅力も解説