サイトロゴ

不動産管理の仕事内容は?やりがいや魅力も解説

2024年02月26日

『不動産管理』と聞くと、どのようなイメージを持ちますか?
実は、不動産管理のお仕事は、私たちの日常生活に密接に関わり、多くの人々に安心と快適さを提供する重要なお仕事です。この記事では、不動産管理の仕事について詳しく解説していきます。

不動産管理に興味がある方、この分野でのキャリアを目指す方、あるいは単にこの仕事についてもっと知りたいと思っている方にとって参考になる情報を盛り込んでいますので、以下に当てはまる方はぜひ最後までご覧ください。

こんな⼈におすすめの記事

・不動産管理の仕事に興味がある方
・不動産管理の具体的な仕事内容について知りたい方
・不動産管理に向いている人の特徴が知りたい方

▶︎LIFULLの不動産転職支援サービスの無料登録はこちら

不動産管理とは?

不動産管理とは、賃貸アパートやビル、マンションなどの不動産を効果的に運用し、その価値を維持・向上させるための仕事です。

不動産を所有するオーナーさまと入居者さまの間の橋渡し役として、物件の長期的な収益性と安定性を確保することを目的としています。

不動産管理の重要性

不動産管理は、単に賃貸物件を管理するだけではなく、不動産の価値を最大化するための活動を行います。

物件の状態を維持し、市場の変化に応じて適切な賃料を設定することが重要です。また、入居者さまの満足度を高めることで、長期的な入居率の向上にもつながります。

不動産管理の役割

不動産管理の主な役割は大きく以下の4つです。

・資産価値の維持と向上:定期的なメンテナンスやリフォームにより、物件の価値を維持し、市場での競争力を保ちます。

・入居者さまの満足度向上:入居者さまからの要望やクレームに迅速かつ適切に対応し、快適な住環境を提供します。

・収益性の最大化:効率的な賃貸管理により、空室率を低減し、安定した収益を生み出します。

・リスク管理:法律遵守や契約管理を通じて、オーナーさまと入居者さまのリスクを最小限に抑えます。

不動産管理は、単なる物件の管理を超え、オーナーさまの資産価値を守り、入居者さまにとっての生活の質を高める重要な役割を担っています。

不動産管理の仕事内容

不動産管理の主な仕事内容は大きく以下の5つです。

・入居者募集(リーシング)業務
・入居者対応業務
・契約に関わる業務
・建物設備・メンテナンス業務
・オーナー対応業務

それぞれ詳しく解説していきます。

入居者募集(リーシング)業務

内見希望者の案内

内見は、入居希望者が物件を実際に見て判断する重要なプロセスです。

不動産管理会社は、物件の魅力を最大限に伝えるために、内見の段取りを整え、物件の特徴や周辺環境について詳しく説明します。

また、入居希望者の質問に対して正確かつ丁寧に回答することも重要です。

広告・販促営業

不動産管理会社は、インターネット広告、チラシ、看板などを活用して物件情報を広めます。

また、市場の動向を把握し、ターゲットとなる顧客層に合わせた販促活動を行います。

物件の申込獲得のために協力会社(仲介会社)に直接訪問することもあります。

原状回復・リフォーム工事の手配

賃貸契約が終了し退去した後の物件は、次の入居者さまを迎えるために原状回復が必要です。

不動産管理会社は、リフォームや修繕工事の手配を行い、物件の魅力を保つための改善を図ります。

これには、コストと効果を考慮した計画的なリフォームが求められます。

入居者対応業務

不動産管理における入居者対応業務は、日々の運営の中核をなす部分です。

ここでは、家賃の集金から契約更新に至るまでの重要な業務を詳しく見ていきます。

家賃集金管理

家賃集金は不動産管理の基本的な業務です。

管理会社は、家賃の支払いが定期的かつ適切に行われるように管理します。

家賃保証会社による収納代行サービスの導入や、支払い方法の多様化により、家賃の回収効率を高める工夫が求められます。

滞納督促

家賃の滞納が発生した場合、不動産管理会社は滞納者に対して催促を行います。

法律を遵守しつつ、適切かつ丁寧なコミュニケーションを心がけることが重要です。

場合によっては、支払い計画の提案など、柔軟な対応が求められることもあります。

クレーム対応

入居者さまからのクレームや要望に対応することも、不動産管理会社の重要な役割です。

迅速かつ効果的な対応は、入居者さまの満足度を高め、物件の評判を保つ上で不可欠です。

クレームの内容に応じて、適切な解決策を提案し、実行に移す必要があります。

退去立会い

入居者が退去する際には、不動産管理者が立ち会い、物件の状態を確認します。

物件の損傷や修繕が必要な箇所をチェックし、適切な原状回復を行うための手続きを進めます。

契約の更新

賃貸契約の更新時には、不動産管理者が契約条件の見直しや更新手続きを行います。

市場の動向に基づいた家賃の見直しや、契約条件の変更が必要な場合もあります。この業務は、入居者との良好な関係を維持しつつ、オーナーさまの利益を守るバランスを取ることが求められます。

契約に関わる業務

不動産管理における契約関連業務は、物件運営に欠かせない要素です。

ここでは、申込受付から契約の締結まで詳細に解説していきます。

申込受付・入居審査

申込受付は、入居を希望する方が物件に入居する最初のステップです。

不動産管理会社は、申込書の受け取りと、入居を希望する方の審査を行います。

最近では書面ではなくWEBで申込受付を行っている管理会社も増えてきました。

入居審査では、信用情報の確認、収入面、過去の滞納歴などを精査し、適切な審査を行います。

契約書作成・契約の締結

入居審査を通過した申込者との間で賃貸契約を締結します。

不動産管理会社は、契約書の作成を担当し、契約条件を明確に記載します。

これには、家賃、敷金、契約期間、その他の条件が含まれます。契約書は、トラブルを防ぐためにも、その内容は正確で分かりやすくなければなりません。

契約締結時には、入居者さまに契約内容を詳しく説明し、疑問点がないかを確認します。

建物設備・メンテナンス業務

不動産管理における建物設備とメンテナンス業務は、物件の長期的な価値維持と入居者さまの安全・快適性を確保するために不可欠な仕事です。

この業務の主な3つの側面について詳しく説明します。

建物設備点検、巡回

定期的な建物設備の点検と巡回は、不動産管理の基本です。

例えば、電気設備、水道・排水システム、エレベーター、消防設備などの機能を確認し、必要に応じてメンテナンスを行うことが含まれます。

これにより、設備の早期故障を防ぎ、入居者さまの安全を保障します。

小修繕

日々の運用中に発生する小さな損傷や故障に対応する小修繕も重要な業務です。

壁のひび割れ、水漏れ、照明の不具合など、迅速に対応することで、大きな問題への発展を防ぎます。

小修繕は、入居者さまの快適な生活環境を維持し、物件の品質を保つために必要です。

日常清掃

物件の共用部分の日常清掃は、入居者さまにとっての生活の質に直接的に影響します。

廊下、階段、エントランスなどの定期的な清掃は、清潔で快適な環境を提供し、物件の印象を良くします。また、清掃は物件の維持管理にも寄与し、長期的な価値を保つ上で重要です。

オーナー対応業務

不動産管理におけるオーナー対応業務は、オーナーさまとの信頼関係を築き、物件の価値を高めるために重要です。

各報告、募集条件提案

不動産管理会社は、物件の運用状況に関する定期的な報告をオーナーさまに提供します。

これには、入居状況、家賃収入、メンテナンスの状況などが含まれます。また、市場の動向に基づいて、募集条件を見直し提案することも重要です。

これにより、物件の競争力を高め、収益性を向上させることができます。

リフォーム・バリューアップの提案

物件の価値を高めるためには、時にリフォームや改修が必要です。

不動産管理会社は、物件の状態を評価し、バリューアップのためのリフォームや改修提案を行います。

コストや効果に見合う提案を行い、オーナーさまの満足度を満たす提案が求められます。

家賃の送金

家賃収入の管理とオーナーさまへの送金は、不動産管理の基本的な業務です。

管理会社は、家賃収入を適切に集計し、定期的にオーナーさまに送金します。

金銭を取り扱う重要な仕事で、透明性と正確性が求められます。

不動産管理のやりがいと魅力

不動産管理の仕事は、大変な側面もありますが、それに見合うやりがいと魅力があります。

実際にどのようなやりがいや魅力があるのかをみていきましょう。

オーナーさま・入居者さまから感謝される

不動産管理会社は、オーナーさまの資産価値を守り、入居者さまに快適な住環境を提供する役割を担います。

物件が適切に管理されていると、オーナーさまからも入居者さまからも感謝されます。

この直接的な感謝の言葉は、日々の業務に大きな満足感と動機付けを与えてくれるでしょう。

多角的に不動産の知識が身につく

不動産管理は、法律、経済、建築、マーケティングなど、多岐にわたる知識が求められる分野です。

この職業に従事することで、不動産に関する広範な知識と専門性を身につけることができます。

今後のキャリアアップを目指す上で大きなアドバンテージとなり得るでしょう。

難しい問題が解決できた時に達成感が得られる

不動産管理の仕事には、時に複雑な問題解決が伴います。

入居者さまのクレーム対応、建物の緊急な修繕、法的な問題の解決などが含まれます。

これらの難題を解決した時、大きな達成感を得ることができるでしょう。

不動産管理に必要なスキルと資格

不動産管理の分野で成功するためには、特定のスキルと資格が求められます。

ここでは、必要なスキルと活かせる資格についてみていきましょう。

必要なスキル

不動産管理では、オーナーさま、入居者さま、協力会社との効果的なコミュニケーション、トラブルへの迅速な対応が求められます。

例えば以下のようなスキルが求められます。

・業務を効率的に管理し優先順位をつけるスキル、

・不動産市場の動向を理解し適切な戦略を立てる市場分析能力

・不動産の法律知識

活かせる資格

不動産管理では、以下のような資格を用いて業務に活かすことができます。

・宅地建物取引士:不動産取引に関する法律知識を有し、契約書の作成や取引の仲介が可能です。不動産業界であれば、どの分野でも重宝される資格です。

・賃貸不動産経営管理士:賃貸不動産の経営や管理に関する専門知識を持ち、オーナーへのコンサルティングなどに役立ちます。

・マンション管理士:マンションの管理組合の運営や管理に関する専門知識を有します。

・管理業務主任者:大規模な不動産の管理業務に必要な知識と技能を持ち、管理業務の質を高めます。

・ファイナンシャル・プランナー:不動産投資に関する財務計画の立案やアドバイスが可能です。また相続・事業承継などの幅広い知識を活かすことが可能です。

不動産管理に向いている人の特徴

不動産管理は専門的な仕事のため、人によって向き不向きがあります。次に、不動産管理に向いている人の特徴を紹介します。

コミュニケーション能力が高い

不動産管理においては、オーナーさま、入居者さま、協力会社など、多様な関係者との円滑なコミュニケーションが不可欠です。

このため、高いコミュニケーション能力を持つ人は、不動産管理に向いています。

問題解決能力が優れている

日々の業務で、水漏れやクレームなど予期せぬトラブルに直面することが多いです。

問題解決能力が優れている人はこの分野で成功しやすいと言えるでしょう。

細かい注意を払うことができる

物件の管理や契約の詳細に細かい注意を払うことができる人は、不動産管理の業務において重要な資質を持っています。

ストレス耐性がある

不動産管理は時にストレスが伴う仕事です。ストレス耐性があり、プレッシャーの中でも効果的に業務を遂行できる人は、この職に適しています。

計画的に物ごとを進めることができる

多くの業務を効率的に管理し、計画的に進める能力は、不動産管理において非常に重要です。

フットワークが軽い

物件の現地確認や緊急時の対応など、迅速に行動する必要があるため、フットワークの軽い人が向いています。

まとめ

今回は「不動産管理の仕事内容は?やりがいや魅力も解説」というテーマで、不動産管理の多面的な側面を掘り下げてきましたが、いかがでしたでしょうか?

不動産管理の仕事は、入居者募集から契約、メンテナンス、オーナーさま対応に至るまで、多岐にわたる業務を含んでいます。

不動産管理に向いている人の特徴として、細かい注意を払いながらも、コミュニケーションや大局を見失わない能力が挙げられます。興味がある方はぜひチャレンジしてみてください。

LIFULLが運営する不動産業界専門の転職支援サービスでは、宅建に挑戦中の方を含め、未経験の方のサポートも積極的に行っています。

お仕事のご紹介だけでなく、書類の添削や志望動機作成のアドバイスも行っています。興味のある方は、ぜひ経験豊富なコンサルタントにご相談ください。

あなたにマッチした、不動産業界での働き方を一緒に考えていきましょう。

▶︎LIFULLの不動産転職支援サービスの無料登録はこちら

監修

不動産のOTOMO

不動産ブロガー。30歳未経験で不動産業界に転職し、営業や企画に携わり、宅建も取得。不動産業界の魅力を伝えるため「不動産のOTOMO」ブログ運営を開始し、累計40万PVに到達。JOBRIDGEの理念に共感し、不動産業界の魅力を伝えるコンテンツを配信中。 資格:宅地建物取引士、2級ファイナンシャル・プランニング技能士(国家資格)

不動産業界の面接に落ちた?不合格が続く人の特徴や合格するためのポイントを解説
不動産管理の平均年収は?会社ごとの特徴も合わせて解説