サイトロゴ

不動産管理の未経験転職!注意点や失敗しない会社の選び方を解説

2024年03月04日

不動産管理の仕事は未経験でも挑戦できるのでしょうか?この記事では、未経験者でも理解できる不動産管理の基本から、不動産管理業界への転職における会社の選び方までをわかりやすく解説します。ぜひ参考にしてみてください。

こんな⼈におすすめの記事
・不動産管理の仕事内容について知りたい
・未経験で不動産管理に転職できるか不安
・不動産管理の大変な部分といい部分が知りたい

▶︎LIFULLの不動産転職支援サービスの無料登録はこちら

不動産管理の仕事内容と年収・休日パターンについて

不動産管理の仕事は、物件の運営を適切に行うために、オーナーさまと入居者さまの橋渡しをする役割を担います。以下では、不動産管理の主な仕事内容、年収、そして休日パターンについて詳しく見ていきましょう。

不動産管理の主な仕事内容

不動産管理の仕事内容は多岐にわたりますが、主に以下のような業務があります。

  • 建物管理:物件の定期的な点検やメンテナンスを行い、物件の価値を維持します。
  • 契約管理:新規契約の締結や更新、解約に関わる業務を行います。
  • 入居者さま対応:入居者さまからの問い合わせやクレーム対応などを行います。
  • 入金管理:家賃の集金や管理費用の支払い管理を行います。
  • リーシング:物件に空室が発生した際には募集を行います。

不動産管理は物件の価値を守り、オーナーさまと入居者さまの満足度を高める重要な役割を担っています。

不動産管理の年収

不動産管理の年収は、経験や勤務地、会社の規模によって大きく異なります。

厚生労働省が発表している「賃金構造基本統計調査」によると2020年における企業規模が10人以上の不動産賃貸・管理業に従事している社員の平均年収は約490万円(※1)でした。

不動産営業職と比べると、売上や業績による影響が少なく、安定的な収入を得られることが特徴です。

経験を積み、宅地建物取引士や賃貸不動産経営管理士など特定の資格を取得することで、年収はさらにアップする可能性があります。

※1 支給する現金給与額*12ヶ月+年間賞与その他特別給与額(324千円*12+1,013千円) = 平均年収

不動産管理の年収について、さらに詳しく知りたい方は以下の記事もご参考ください。

不動産管理の平均年収は?会社ごとの特徴も合わせて解説

不動産管理の休日

不動産管理の休日パターンは、会社によって異なりますが、水曜日や土日を定休日にしている会社が多いです。

また物件の緊急対応が必要な場合など、休日出勤を求められることもありますが、その場合は代休を取得できる制度を設けている会社が一般的です。

年間休日数は120日前後が平均的で、比較的休みやすい業界と言えるでしょう。

未経験から不動産管理の転職!成功させるための3つのポイント

不動産管理への転職は、未経験者でも挑戦が可能です。
そのためには、必要なスキルの習得、資格の取得、そして自身がこの業界に向いているかを把握しておきましょう。

以下のステップを踏むことで、未経験からでも不動産管理の世界で成功する道を切り開くことができます。

不動産管理で求められるスキルは?

不動産管理業務では、コミュニケーション能力が最も重要視されます。
なぜなら、オーナーさまや入居者さまとの円滑な関係構築は、日々の業務をスムーズに進めるために必要となるからです。また、問題解決能力、基本的なPCスキル、そして細かい作業に対する注意力も求められます。
これらのスキルは、実務を通じて徐々に磨かれていきますが、転職前にある程度の準備をしておくと良いでしょう。

不動産管理への転職に活かせる資格は?

不動産管理の仕事では、資格が転職に有利に働くことがあります。
特に「宅地建物取引士(宅建士)」は、不動産取引を行う上で法的な知識が必要とされるため、この資格を持っていると不動産管理職への転職に大きなアドバンテージとなります。

「管理業務主任者」や「マンション管理士」の資格も、マンション管理や賃貸管理業務において役立つ知識を証明するものです。

また、令和3年には「賃貸不動産経営管理士」が国家資格となり、近年需要がますます高まってきています。入社前に資格を持っていることで業界の熱意をアピールする好材料にもなります。

不動産業界で活かせる資格は、こちらの記事も参考にしてみてください。

不動産営業で活躍するための6つの資格!難易度も解説

不動産管理に向いている人の特徴

不動産管理に向いている人の特徴は多岐にわたります。
その中でも特に重要なのは、人とのコミュニケーションを楽しみ、役に立ちたいというサービス精神を持っていることです。

また、柔軟性や段取りの良さも求められます。漏れや設備の故障、入居者さま間のトラブルなど、予期せぬことも日々発生します。

このような状況に直面しても、慌てずに解決策を考え、適切な対応をとることができる柔軟性と忍耐力を持つ人は、不動産管理の仕事において大きな強みとなります。

未経験からの不動産会社の選び方と知っておきたい特徴

不動産管理業界への転職を考えている未経験者にとって、成功への鍵は転職先の選択にあります。

失敗しないための転職先の選び方を理解することで、キャリアの可能性を広げることができます。

賃貸管理と分譲マンション管理は違う

不動産管理は、大きく賃貸管理と分譲マンション管理の二つに分かれます。
賃貸管理は、賃貸物件のオーナーさまに代わって、空室募集、契約管理、家賃管理、クレーム対応などを行います。
一方、分譲マンションの管理は、マンションの共有部分の維持管理や修繕計画の立案、管理組合の運営サポートなどを担当します。自分の興味やスキルに合った方を選びましょう。

不動産管理でも様々な職種がある

不動産管理の仕事の中には、営業、カスタマーサポート、建物維持管理、契約事務など様々な職種が存在します。

自分の適性やキャリアプランに合わせて、職種を選択することが大切です。

これまでの自分のキャリアを振り返って、どのポジションが自分に向いているかを見つめ直した上で選ぶようにすると良いでしょう。

42の記事をリンク

ホワイトな不動産管理会社の特徴

ホワイトな不動産管理会社の特徴として、従業員のワークライフバランスを重視し、適切な労働時間と休日が保証されている点が挙げられます。
これに加え、充実した教育制度を通じて、未経験者でもスキルアップしキャリアを築ける環境が整っています。
さらに、従業員の意見が尊重され、働きやすい職場環境の実現に努めていることも、ホワイト企業の大きな魅力です。
企業文化や働き方について事前に情報収集を行い、自身に合った企業を見極めることが転職成功のカギとなります。

ブラックな不動産管理会社の特徴

ブラックな不動産管理会社の特徴として、過度な長時間労働が挙げられます。
こういった会社では、従業員が毎日遅い時間まで働かされることが常態化しており、休日出勤も珍しくありません。
さらにひどい所だと、パワハラなどによって職場内のストレスが増大し、従業員のメンタルが損なわれることも。
転職先を選ぶ際には、こうしたブラック企業の特徴を見極めるために、企業の評判や口コミを入念にチェックし、実際に働いている人の声を聞くことが非常に重要です。

企業規模により待遇や業務内容が異なる

大手の会社では、安定した待遇や充実した福利厚生が期待できますが、業務は専門化される傾向にあります。

一方で中小企業では、多岐にわたる業務を経験できるため、幅広いスキルを身につけることができます。自分が求めるキャリアパスに合わせて、企業規模を考慮することが重要です。


自身の適性や会社の選び方がわからない場合は、転職エージェントなども活用しながら活動を進めるのが成功の鍵です。
▶︎LIFULLの不動産転職支援サービスの無料登録はこちら

不動産管理の大変なところ

不動産管理の仕事は多くのやりがいがありますが、同時に大変な面も存在します。ここでは、特に注意が必要な大変な部分について詳しく見ていきましょう。

入居者さまの対応

不動産管理の中で、入居者さまからの様々な要望やクレームに対応することは日常的な業務の一つです。

入居者さまの満足度を保つためには、迅速かつ適切な対応が求められますが、これがストレスに感じることもあります。

特に、水漏れなどの突発的なトラブルや緊急の修理が必要になった際には、解決に向けてスピーディーに行動する必要があります。

緊急性のある対応

不動産管理では、水漏れや火災、地震など、緊急性の高い問題が発生することがあります。

これらの問題は、入居者さまの生活に大きな影響を及ぼすため、即座に対応する必要があります。緊急時には、休日や夜間でも対応しなければならないことがあり、これが大変な面の一つといえるでしょう。

仲介営業と比べるとインセンティブが少ない

不動産管理の職種では、仲介営業のように高額なインセンティブが得られることは少ない傾向があります。

基本的には固定給が中心であり、物件の売買や賃貸契約の成立に伴うインセンティブは期待しにくいです。そのため、成果に応じた収入を期待する人にとっては物足りなさを感じるかもしれません。

オーナーさまや入居者さまに都合を合わせないといけない場面も

不動産管理の仕事では、オーナーさまと入居者さまの間で調整役を務めることが多く、それぞれの要望に応えるためには柔軟な対応が必要です。

また、平日に仕事をしているオーナーさまや入居者さまに都合を合わせて訪問しなければいけないシーンもありますので、休日出勤が必要になることもあります。

不動産管理のいいところ、やりがい

不動産管理の仕事は、その大変さと同じくらい、多くの良い点とやりがいがあります。以下に、不動産管理の魅力的な側面をいくつか挙げてみましょう。

マンションの設備、法律、税金など幅広い知識が身に付く

不動産管理の仕事を通じて、マンションやビルの設備知識、不動産に関する法律、税金の知識など、非常に幅広い分野の知識を身につけることができます。

仕事だけでなく、個人的な生活においても非常に役立ちます。また、専門性の高い知識を持つことで、将来的には不動産業界内でのさらなるキャリアアップにも役立ちます。

オーナーさまや入居者さまから感謝される

不動産管理の仕事では、オーナーさまや入居者さまから、直接感謝の言葉をもらう機会が多くあります。
特に、入居者さまが直面する生活上のトラブルを迅速かつ的確に解決した場合や、長期間空室だった物件に新たな入居者さまが決まり、オーナーさまの収益向上に貢献した際には、その感謝の言葉に大きなやりがいを感じることができます。

これらの瞬間は、不動産管理の仕事が単に物件を管理するだけでなく、人々の生活に深く関わる仕事であることを実感させてくれます。

人脈が広がる

不動産管理の仕事を通じて、業界内外の幅広い人脈を構築することができます。

オーナーさまや不動産仲介会社、金融機関の融資担当者、司法書士や税理士の先生など、あらゆる立場の人と関わる機会が多くあります。

将来的に新たなビジネスチャンスへの発展や、キャリアアップに繋がることも。

また、さまざまな人と繋がりを持つことで、不動産管理だけでなく、他の分野の情報も得ることができます。

長期的なキャリア設計や、ビジネスの見方を広げたりするのに役立つことでしょう。

問題解決能力が身につく

不動産管理では、日々さまざまな課題やトラブルに直面します。

例えば、入居者さま間での騒音のクレームや契約時のトラブル、家賃滞納者への請求などが挙げられます。

このような問題に日頃から向き合って対応することで、高度な問題解決能力が自然と身につきます。

また、複雑な状況でも冷静に判断し、適切な解決策を見つけ出す能力は、不動産管理の仕事だけでなく、あらゆるビジネスシーンで活かせるスキルとなるでしょう。

まとめ

今回は「不動産管理の未経験転職!注意点や失敗しない会社の選び方を解説」というテーマで詳しく書いてきましたがいかがだったしょうか。

不動産管理業界への転職は、未経験の方でも十分にチャレンジが可能です。

不動産管理の仕事は大変な面もある一方でとてもやりがいがあり、あらゆるシーンにおいて感謝される非常に魅力的な仕事です。

不動産管理の仕事に少しでも興味がある方は、ぜひこの情報を活用して、新たなキャリアへの一歩を踏み出してみてください。


LIFULLが運営する不動産業界専門の転職支援サービスでは、宅建に挑戦中の方を含め、未経験の方のサポートも積極的に行っています。

お仕事のご紹介だけでなく、書類の添削や志望動機作成のアドバイスも行っています。興味のある方は、ぜひ経験豊富なコンサルタントにご相談ください。

あなたにマッチした、不動産業界での働き方を一緒に考えていきましょう。

▶︎LIFULLの不動産転職支援サービスの無料登録はこちら

監修

不動産のOTOMO

不動産ブロガー。30歳未経験で不動産業界に転職し、営業や企画に携わり、宅建も取得。不動産業界の魅力を伝えるため「不動産のOTOMO」ブログ運営を開始し、累計40万PVに到達。JOBRIDGEの理念に共感し、不動産業界の魅力を伝えるコンテンツを配信中。 資格:宅地建物取引士、2級ファイナンシャル・プランニング技能士(国家資格)

不動産管理の平均年収は?会社ごとの特徴も合わせて解説
不動産営業は稼げる?業界の中で年収が高い職種を解説