サイトロゴ

【大手不動産グループ】不動産サービスの営業系総合職を募集!

2023年12月14日

仕事内容

【反響営業】問い合わせのあったお客様に対するリースバックの提案営業全般

◎20代~40代が活躍中

【具体的には】
■リースバックとは
お客様が所有されているお家を買い取り、
売却後はリース契約をして今までと同様にお住みいただけるシステムです。
将来的にそのお家を再度購入していただくことも可能。
老後資金問題をはじめ、
様々な人生の悩みを解決する画期的ソリューションとして期待を集めています。
※ご経験によっては最初の配属部署は考慮します。

■営業の業務について
お問い合わせのあったお客様を担当していただきます。
お客様にアポイントを取り、商品説明と査定を行います。
その後、事業計画を立て、お客様に提案。
提示金額に納得いただければ、契約を進めます。

■反響数
CMなどで知名度が全国的に上昇しているため、
月の平均問合せ件数は1000件以上。
全国からお問い合わせをいただいています。

■不動産営業経験者は即戦力!
最初は営業のサポートから始め、サービスの全体像を掴むことが可能。
売買仲介や仕入の経験をお持ちであればベースとなる不動産知識は備わっているので
3か月~半年程度で独り立ちしていただけます。

■営業に専念できる環境
一人に負荷がかかりすぎないよう、
業務量のコントロールを行っているため全体的に残業は少なめです。
チームワークも良く、お互いをフォローし合う風土が根付いています。

不動産テック企業としてITに注力しているので
システム化によって業務を効率化。
営業サポートスタッフもたくさんおり、営業活動に専念できます。

■グループ内でキャリアデザインが可能
当グループでは、リースバック営業の他にも不動産仕入れや不動産仲介、リフォーム、FC開発などの様々な分野がございます。
入社後は、他の分野でも活躍するチャンスがあり、会社と相談しながらグループ内でご自身の描くキャリアを構築することができます。

求めている人材

【必須条件】
●営業(個人・法人経験問わず)経験がある方
●チームで仕事を進めるのが得意な方や協調性のある方

※チーム一丸となって仕事を進める部署です。

<更にこんな方にオススメ>
●不動産営業の経験を活かして新しいことにチャレンジしたい
●お客様に喜んでもらえる仕事がしたい
●事業づくりや組織づくりにも参加したい

雇用形態

正社員(試用期間有:3ヵ月 ※労働条件は本採用と同じです。)

給与

年収 3,600,000 円 – 4,500,000円

上記年収には残業代・インセンティブは含みません。
別途残業代・インセンティブ支給ございます。

■月給:300,000円~

※経験や能力等を考慮して決定します。
※残業代全額支給
※四半期毎にインセンティブの支給(例は下記に記載)

■昇給(年1回)
※会社業績及び就業規則に準ずる。

勤務地

北海道・東京・神奈川・千葉・愛知・京都・大阪・福岡・宮城・埼玉・兵庫
※初回勤務地は希望に沿って選考いたします。

勤務時間

就業時間:9:00 ~ 17:30(所定労働時間:7時間30分/休憩60分)
残業:有(平均残業時間:15時間)

休日

月8~10日(週休2日制)★年間休日115日
※ローテーション制
※連休取得も可

■休暇制度
・GW公休/夏季公休/年末年始公休
・産前産後休暇/育児休暇
・介護休暇
・慶弔休暇
・生理休暇
・災害休暇
・ライフサポート休暇
・社会貢献休暇(ドナー休暇/裁判員休暇)

福利厚生

・健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険
・社内慶弔見舞金支援制度
・各種表彰制度
・社員持株会
・確定拠出年金制度
・ワークライフバランス制度(時短勤務制度)
・従業員割引
・資格受験費用負担制度あり(社内規定あり)
・食事会
・会社イベント
・健康診断
・研修制度
・OJT制度/eラーニング/入社式/入社半年後研修/階層別研修/事業部内研修

年収例・手当

420万円~500万円/入社1年目(固定給+インセンティブ)
550万円/入社2年目(固定給+インセンティブ)
800万円/入社3年目(固定給+インセンティブ)
1150万円/入社6年目(固定給+インセンティブ)

各種インセンティブ
通勤交通費 (~5万円/月)
子女手当(18歳以下で扶養されているお子様の人数×1万円/月)
資格手当
 └宅地建物取引士(宅建)…2万円/月
 └一級建築士…5万円/月
 └二級建築士…2万円/月
 └不動産鑑定士…2万円/月
 └1級建築施工管理技士… 2万円/月
 └2級建築施工管理技士(建築)… 1万円/月
※各手当については社内規程に準じて支給をいたします。

JOBRIDGE編集部

JOBRIDGEの編集部です。

宅建諦めた?次回チャレンジすべきか迷っているあなたへ
【副業】宅建を活かしてできる仕事と注意点を解説